革新的な原料配合技術により
開発されたフローリング。 エコストーンフローリング(SPC床材) \ らくらく床張り替え /

ECOSTONE FLOORINGの画像

SPC床材に関心を寄せて頂き、どうもありがとうございます。 ここではまずSPC床材に関する一般的な商品知識をご紹介させて頂きます。

SPC製品開発の理念の画像

SPC床材のコンセプト

SPC(Stone Plastic Composite)床材には、森林伐採や大理石の採掘などを減らし、地球資源の保護及び製造工程にも使用される室内にも有害化学物質及び有害重金属による環境汚染されないエココンセプトで込められています。

SPC床材の分類

SPC床材は、樹脂系床材に分類されます。

製品の主な製造工程

SPC床材は、約7割の天然大理石粉末と約3割のPVCの粉末の配合で、高熱で原料を溶かしながら混錬し、金型から高密度の板状の基材(コア層)が押し出され、高熱のローラーにより意匠性の富んだPVC印刷シート、PVC耐摩耗シートが同時に圧着され、UV塗布、裁断、サネ切りなどの製造工程を経て作られます。

エコストーンフローリング(SPC床材)
の特徴

製品の特長と用途をご参照下さい。

SPC床材の市場展望

SPC床材の市場展望の画像①
SPC床材の市場展望の画像②

米国市場においては「2020年は尋常ではない1年でしたが、フローリング業界が信頼できることが1つありました。それは、弾力性のあるカテゴリーの継続的な人気です。他の多くのフローリングカテゴリーがそうではなかったのに、SPCが2020年に再び利益を記録したことです。これと対照的にほかの床材は伸びが見られませんでした。 住宅分野において、軟質のLVT製品と新しいWPCは依然として市場で大きなシェアを占めていますが、再び主導権を握ったのはSPCでした。 FCNewsの調査によると、わずか1年で、回復力のある住宅用LVTセグメントの中で住宅用SPCの販売実績はドル建てで30.8%から51.9%に増加しました。 LVTセグメントの市場に関して、2020年は37%から驚異的な59.2%に増加しました。 ドル建てで見ると、2020年にLVT市場の42.5億ドルのうち25億1600万ドルを達しました。

引用元:FCNews 2021年5月Megan Salzanoレポートより抜粋(中国語)

ヨーロッパ市場においては、インテリア性が高く、環境保護を考慮したSPC床材の販売量は、2019年ヨーロッパ全体で年間約2,100万㎡に超えました。
中国市場において、2019年まで生産されたSPC床材は欧米への輸出がほとんどでしたが、2020年中国国際床材及び施工技術見本市(DOMOTEX asia/CHINAFLOOR 2020)にSPC床材はグリーン建材として話題を呼んだ製品であり、中国国内市場での普及に大きな成果が上げられ、品質と価格では二極化が現れました。2021年中国国際床材及び施工技術見本市(DOMOTEX asia/CHINAFLOOR 2021)ではSPC床材は、相変わらず注目されました。その用途は、リノベーション・リフォーム以外に、新築マンション。ビジネスホテル、オフすビル、休暇村、店舗、グランピングなどに広がっています。
日本市場において、2018年から賃貸マンションのリノベーション・リフォーム、店舗のリフォームなどに使われ、DIY市場での需要も伸びています。今後は、建材市場において塩ビ樹脂系接着タイプの床材やLVT(Luxury Vinyl Tile)やWPC(Wood Plastic Composite)などの次世代製品として市場の認知度を高めてくると共に、販売量が伸びていくことを確信しています。
弊社のビジネスパートナー企業が発売されている木目調のJOINT-LOCK/JOINT-LOCK+plus(静音タイプ) フロアタイルは、DIY市場の人気商品であり、ぜひ選択肢に入れて商品をお選びくださるようよろしくお願いいたします。

日本国内販売されている商品例

ジョイントロックの画像① ジョイントロックの画像②

アサヒペン『JOINT-LOCK』の製品情報はこちら

https://www.asahipen.jp/products/view/25153

アサヒペンECサイトはこちら

https://e-shop.asahipen.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000001898

SPC床材選びの注意点

価格で商品を選ぶ際に、次のようなことをご留意ください。
  • 安さだけで選んだ商品の見た目はきれいですが、リサイクルPVCが使われ、床材に有毒な化学物質及び有毒な重金属が含まれる恐れがあります。
  • リサイクル材が使われた場合、環境温度の変化により製品の安定性(伸び縮みとそりが発生)が保てなくなり、経年劣化の速度が早くなる恐れがあります。
  • サネが輸送途中でぶつけられたりすると割れやすいので、箱の内側に保護用の緩衝材が使われている商品を選びましょう。
  • 商品のパケージに国際特許シールがついているものを選びましょう。

SPC床材のOEM先または特注先選びの注意点

商品選び上の注意点のほかに製品安全性の確認について、次のようなことをご留意ください。
  • 欧米の認証書以外に、欧州化学品庁(ECHA)による高懸念物質(SVHC)及び有害重金属に関するSGSテストレポートの有無を確認しましょう。
  • 欧州連合の関連床材規格(EN)、中国国家規格(GB)、ISO規格、ASTM規格などによる製品の出荷検査テストの検査報告書の有無を確認しましょう。
  • 発注する対象品は確認された工場で作られる保証の有無を確認しましょう。

SPC床材に使用されている
3種類の国際特許

SPC床材に使われている国際特許(ロックシステムまたはクリックシステム)は3種類あり、次のようにご紹介します。

バリング社ロゴ

バリング社(Valinge)
スウェーデン
サネ特許

バリング社(Valinge)特許シールの画像
ユニリン社ロゴ

ユニリン社(Unilin)
ベルギー
サネ特許

ユニリン社(Unilin)特許シール
イノベーション4フローリング社ロゴ

イノベーション4フローリング社(i4f)
アメリカ
サネ特許

イノベーション4フローリング社(i4f)特許シール

各特許の特徴及び使用に関する動画

スウェーデンValinge(バリング)社のロックシステム
四方サネ斜め差し(全部2G)
長辺サネ斜め差し(2G)、短辺サネ上下叩き込み(5G-i)

https://www.valinge.se/products/click-flooring-technology

ベルギーのユニリン社のユニクリックロッキングシステム
Unilin Uniclic locking system:四方サネ斜め差し

https://www.unilintechnologies.com/en/technologies/flooring/uniclic

アメリカI4F社のロッキングテクノロジーのロッキングテクノロジーズ
Locking technologies (3L TRIPLELOCK&CLICK4U):長辺サネ斜め差し。
短辺サネ上下叩き込み

https://i4f.com/